MENU
臭いの元になる雑菌を防ぐには・・・?
84%の女性が実感!あそこの臭い対策ジェル
公式サイトは以下の画像をクリック


あそこの臭いの原因は雑菌!?

あそこが臭うと「すそわきがかも・・・」「性病!?」と不安になってしまうかもしれませんが、多くの場合は雑菌が原因です。雑菌が繁殖する際に臭いを発しているのです。

 

★雑菌が繁殖するための栄養になってしまうもの
・生理(経血)
・おりもの
・尿
・汗
・垢

 

特に女性のデリケートゾーンは構造的に汚れが溜まりやすいため、洗い方に気をつけないとすぐに雑菌が繁殖してしまいます。

 

デリケートゾーンの主な雑菌は3種類で、
・皮膚に常在するブドウ球菌
・トイレの際の拭き残しなどから大腸菌
・体力低下から発生しやすいカンジダ菌
です。

 

●カンジダ菌について
カンジダ=性病だと勘違いされがちですが、カンジダは性感染症ではなく、酵母カビの一種です。寝不足やストレス、疲れなどで体力が落ちている時になりやすい症状です。風邪や膀胱炎の時も注意が必要です。

 

女性の場合は妊娠の時やピルを内服しているとなりやすく、カンジダ症の時は白い大量のおりものが出るのが特徴です。

 

ただし、カンジダ症の場合はおりものの状態には特徴があるものの、臭いはこれといって特徴がありません。もしも魚臭いなどの臭いを感じるようであれば、他の細菌も繁殖していてニオイを出しているのかもしれません。

 

あそこの臭いはこれらの雑菌を極力抑えることで重要ですので、デリケートゾーンの正しい洗い方で改善することができますよ。

 

 

 

 

●すそわきがかどうか見分けるポイント

 

デリケートゾーンはちゃんと洗っている!という人がほとんどでしょうから、あそこが臭う時にまず疑うのがすそわきがでしょう。あそこの臭いはほとんどの場合、雑菌が原因ですが、まれにすそわきがが原因の場合もあります。

 

自分のあそこの臭いがすそわきがか、別の原因でニオイがあるのか、以下の2つのポイントをチェックしてみてください。

 

 

チェックポイント1:スソワキガの人=ワキガの人!?

 

ワキガもスソワキガもアポクリン汗腺の量が大きく関係しています。ですから、スソワキガが原因だとしたら、同時にワキガでもあるということになります。

 

ですから、

 

・重度のワキガに悩んでいる
・耳垢がキャラメル状に湿っている

 

など、ワキガの特徴に当てはまっている方は、すそわきがが原因であそこが臭い可能性があります。そういった場合はすそわきがにも使えるワキガ対策クリームを塗ってみて様子をみましょう。

 

 

 

チェックポイント2:臭いのある箇所を確認する!
すそわきがもアポクリン汗腺が原因と言いましたが、アポクリン汗腺は陰毛部分にあります。つまり、厳密にはアソコとは違うところから臭いを発生していることになりますね。

 

ですから、臭いが陰毛部分か、アソコからなのか確認すればすそわきがかどうかが分かりますよ。

 

 

 

【スソワキガの可能性は極めて低い!】
医師の話では、「ワキガかもしれない」と病院を訪れる人でも、本当に重度のワキガと診断される方は10人に1人だそうです。

 

それに、陰毛部分のアポクリン汗腺の数は、脇に比べると非常に少ないので脇ほど臭いません。また、陰部のアポクリン汗腺は進化の過程でほとんど退化しているとも言われています。

 

ですから、スソワキガであれば同時にワキガの可能性も高いと言えますが、ワキガだからといってスソワキガとは限りません。あくまでも「重度」のワキガの場合は可能性があると考えておけば良いでしょう。

 

 

 

 

 

●雑菌の繁殖を防ぐには?

 

雑菌の繁殖は、以下の2点の方法で十分に防ぐことが出来ますよ。

 

・あそこの正しい洗い方を実践する
あそこを洗う際、ボディ用の石鹸を使用してはいけません。石鹸を使いたい場合はデリケートゾーン専用の石鹸を使って、「あそこの表面」を洗っていきましょう。

 

デリケートゾーン専用の石鹸をよく泡立てて、優しく洗って下さい。こするように洗うと余計にニオイがきつくなる恐れがあります。特に汚れが溜まりやすい、重なっている箇所まで丁寧に洗って下さいね。

 

 

・膣内バランスを整えてあげる
よく勘違いされるのですが、デリケートゾーン専用の石鹸を使用していいのは「表面」だけ。膣内を洗浄するのに使用するのはNGです。

 

オリモノや雑菌はたんぱく性ですが、普通の水や石鹸では洗い流すことが出来ず、逆効果です。

 

膣内は本来、自浄作用が働きますが、その力が弱まったりストレスなどでバランスを崩す事で、イヤなニオイを発してしまうのです。

 

膣内を洗浄するには、自浄作用の効果を高める成分「乳酸」の量を増やす事が大事です。どうしてもあそこの臭いが気になる場合は、乳酸配合の膣内専用の洗浄剤を使って洗うのが最も効果的でしょう。

 

 

 

上記のように「あそこの表面」と「膣内」で、洗い方を区別することで、雑菌の繁殖を極力抑えることが出来ますよ。

 

 

 

●膣内洗浄器とは?
膣内洗浄は病院に行けば、産婦人科でやってもらえますが、1回につき3000円?4000円しますので結構な出費になりますね。

 

特に性病の心配もなく、少しにおいが気になった程度の膣洗浄については、市販のもので十分でしょう。

 

市販で買えるもので代表的なのが「インクリア」という膣内洗浄器です。もちろん薬局でも取扱いがありますし、1本400円程度ですので、試しやすいです。

 

ただし商品の性質上、生活の必需品ではないので、置いてない薬局もあるかもしれません。

 

物が物だけに「インクリアどこですか?」とは聞きづらいですし、薬局の店員さんって高校生のアルバイトの子も多いので「膣内洗浄」の存在すら伝わらない可能性もありますね(汗)

 

そんな手間をかけたくない方は、公式の通販が良いですよ。店頭と価格も同じですし、見た目が分からないように梱包してもらえるので安心ですよ。