【絶対したくないリバウンド!】気を付けるべきポイントは?

過度な食事制限はリバウンドの原因にもなります。断食ダイエットでリバウンドしないために気をつけるべきポイントをまとめました。
MENU

【絶対したくないリバウンド!】気を付けるべきポイントは?

リバウンド、恐ろしい言葉ですよね。せっかくの頑張りを無駄にしないためにも原因を押さえて事前対策を整えておきましょう。

 

過度な食事制限が招く事態とは

 

・制限解除後に食べ過ぎる
きっちりしている人が陥りやすい事態です。断食ダイエット中に自分に厳しく制限をかけて、何度も襲ってくる誘惑に負けずに耐え抜いた人ほど、反動で断食ダイエットから解放されたとたんに以前よりも過剰に食べてしまうことがあります。

 

・体調不良の原因になる
リバウンドとは違いますが、過度な制限が招くリスクとして把握しておきましょう。

 

断食ダイエット中とはいえ、十分な水分と、ある程度の栄養は必要です。これが不足すると、脱水になり、脳梗塞や心筋梗塞のきっかけになったり、栄養不足による免疫力の低下を引き起こしてしまいかねません。

 

対策の立て方はどうすればよいか

・水分補給はしっかりと、栄養もある程度は摂ること
脱水にならないためにも水分はしっかりとりましょう。その際はシンプルに水を1日あたり2L飲むことを目安にしてください。

 

栄養補給も忘れずに。固形物は基本的にNGなので、野菜ジュースなどでカバーしましょう。

 

・追い込みすぎずに逃げ道を作る
「断食ダイエット中は何が何でも固形物は食べない!」と決めてしまうと強いストレスとなってしまい、断食ダイエット期間中や終了後にリバウンドなどの支障をきたしかねません。

 

なので、「どうしても固形物が欲しくなったら、ヨーグルトを少しだけ食べる」などと決めて、非常時の逃げ道を作っておくといいですよ。

 

今回の断食ダイエットを何が何でも成功させなくてもいいのです。断食ダイエットを始めた時点でいつもより体をいたわることはできているのですから。

 

一回きりに全力を注ぐことよりも、何度も挑戦しようという気持ちで取り組めば、リバウンドを避けることもできます。

 

・正しい回復食を摂ること
断食ダイエットを終えた後は、体が栄養を普段以上に吸収しやすくなっているうえに急な負担に耐えられないようにもなっています。

 

いきなりいつもの食事に戻すのではなく、正しい回復食を食べるようにしましょう。お粥などから徐々に固形物を増やしていくようにするのが良いですよ。

 

・気を紛らわせる方法をいくつか用意しておく
お腹が空いてくると、「何か食べたい」という気持ちが強くなってきますね。それを意識したまま我慢するのは強い精神力を要します。

 

また先ほど言った通り、きっちり我慢しすぎると逆に断食ダイエットを終えた後にリバウンドを引き起こしかねません。

 

そこで、空腹から意識をそらす方法を用意しておくのです。例えば、本を読むとか、少し体操をするとか(断食ダイエット中に激しい運動はおすすめしません)、身の回りを掃除するとか。

 

シンプルな方法としては、「心の中で15秒ほど数えてみる」というのもおすすめです。これは禅やマインドフルネスといった精神統一の要素を含んでいます。

 

心の中で数を数えることによって、さまざまな煩悩から解放されるのです。騙されたと思って試してみてください。

 

まとめ

断食ダイエットでリバウンドをしないために、よくあるリバウンドの原因をきちんと把握し、対策を立てておくことが大切です。

 

・リバウンドの主な原因は、「制限解除後の過食によるカロリーの過剰摂取」です。

 

・対策としては、「追い込みすぎずに逃げ道を作る」「正しい回復食を摂る」「気を紛らわせる方法をいくつか用意しておく」などがあります。

 

備えあれば患いなし、せっかくの断食ダイエットをリバウンドで台無しにしないためにも事前準備はしっかりしておきましょう!

 

>>めっちゃぜいたくフルーツ青汁を楽天で買う前に【最安値サーチ】

このページの先頭へ