断食ダイエット【ファスティング】中に食べていいものは?

ダイエットのためにできること、それは突き詰めて言うと「必要以上のカロリーを摂らないこと」と「必要以上に動くこと」ですよね。

 

当たり前だけど難しい・・・

 

今回はそのうちの「必要以上にカロリーを摂らない」究極の手段である【断食ダイエット】についてのお話です。

 

最近では、断食のことを指す「ファスティング」なんて名前も定着しましたね。

 

そんな断食ダイエットで困るのは「食べていいもの」と「食べてはいけないもの」があること。

 

断食ダイエット中に食べてもいいものをまとめました。

 

<断食中に食べて良しとされるものは?>

 

断食は、巷で実施されてるプチ断食と言われるものであれば、基本的には準備期、復食期を挟んで断食期間を3日間過ごすのが良いとされています。

 

その断食期間中、主に栄養は野菜ジュースなどの液体から摂るのが一般的ですが、どうしても何か液体以外をおなかに入れたい!というときに食べていいものは・・・

 

【ヨーグルト】です。ただし無糖にしましょう。

 

デザートなどに食べるようなヨーグルトは糖分を摂取してしまうので、ここはあくまでプレーンヨーグルトを。

 

ヨーグルトには腸内環境を整えてくれるという働き以外にも、断食によって体内のたんぱく質を過剰に分解されるのを防いでくれるという役割もあります。

 

デトックス効果等の断食のメリットを伸ばしつつ、筋肉が落ちてしまうといったデメリットを抑えてくれる、非常に優秀な食品なのです。

 

<ヨーグルトが苦手な人は、野菜スープを>

 

ヨーグルトは断食中に食べていいものとして非常に有能な助っ人ですが、苦手な人も中にはいると思います。

 

そんな人には、野菜スープをお勧めします。できれば具材には根菜を選ぶようにしてください。

 

ごぼう、ニンジン、レンコン、などなどを、なるべく小さく切ってコンソメで薄く味付けしていただきましょう。

 

断食中に食べていいものを判断するにあたっての基準は、「低カロリー、低脂肪でなおかつ胃や体を休める、癒す」ものかどうかです。

 

根菜は体を温めてくれるので、断食中に食べていいものとしては適任です。胃腸になるべく負担にならないように、よく噛んでゆっくり食べましょう。

 

<少しの食事は続けるためのちょっとしたコツ>

 

「断食」なので、基本的には食を断つわけですが、だからと言っていきなり完全に食を断ってしまうのも危険です。

 

確かに、ユダヤ教などの宗教的な断食は、完全に断食のため食べ物と水などの飲み物を断つものもあります。

 

しかし、そういった断食をする場合は、同時に仕事やハードな運動となるようなことを行ってはいけないという制限も決められているんです。

 

中には断食中は車の運転をしてはいけないという決まりがあるところも!

 

むしろ、飲まず食わずで仕事をしたり体をハードに動かしたりしようもんなら、確実に倒れちゃいますよね。

 

ある意味そちらの方が宗教的には苦行と言えるのかもしれませんが、さすがに越えてはいけない(越えない方がいい)一線をちゃんと引いてくれているんです。

 

一方で、私たちは一般的には日常生活をしながらの断食ですよね。仕事や家事、ときどき趣味など、日常生活としてあれこれ活動している私たちは私たちなりの、倒れないための一線を引き直さないといけないわけです。

 

ですから、今回紹介したヨーグルトや根菜スープなどの断食中でも食べていいものを上手に活用しながら、「何回か挑戦しながらだんだんと断食に慣れていく」つもりでやっていくのがお勧めです。

 

一回の完璧な断食より、十回のプチ断食の方がトライしやすく、長い目で見ると健康効果もあります。

 

「断食は自分を苦しめる敵ではなく、自分を健康にしてくれるちょっとSな相棒」くらいのスタンスで向き合ってていきましょう。

 

<まとめ>

 

・断食をするときに食べていいものとしては、ヨーグルトがおすすめです。

 

・ヨーグルトが苦手な人は野菜スープもありです。特に根菜を使ったものがベター。

 

・断食は厳しくつらい苦行ではなく、自分を健康にしてくれるイベントくらいに考えながら挑戦してみましょう。

 

この記事を読んでくださった方が、断食に成功して、今よりもっと健康になれるよう、願ってます!

 

>>めっちゃぜいたくフルーツ青汁を楽天で買う前に【最安値サーチ】