【最適な分量は?】めっちゃぜいたくフルーツ青汁をよりおいしく飲むために

まずは一番スタンダードな水に溶かしての飲み方です。分量は人それぞれでいいですが、まずは100ccの分量で試してみましょう。

 

めっちゃぜいたくフルーツ青汁は元々がほんのり甘いフルーツ風味になっているので、シンプルに水で割ってもおいしく飲むことができます。

 

自分に合うかどうか知るためにも、まずは一番シンプルな方法で飲んでみましょう。

 

水の利点は何よりカロリーがないこと。他のおいしい飲み方も後々紹介していきますが、おいしいからといって飲みすぎるのも問題です。

 

めっちゃぜいたくフルーツ青汁自体のカロリーは一包あたり11.7キロカロリーですが、それをジュースなどで割るとしたら、当然その分のカロリーも摂取することになります。

 

ジュースの分量によってはカロリーをたくさん摂る原因にもなってしまいます。水はそういった心配がないので、気兼ねなく飲むことができます。

 

ただ、水で飲む際には、「ちょっと濃いかな?」くらいの分量で割ってみることをおすすめします。薄いとどんな味でも物足りなかったり、おいしくなく感じたりしてしまうものです。

 

せっかく体に良くても味が薄くておいしく飲めないともったいないですしね。まずは100ccの水で割って飲んでみて、そこから調整してみてください。

 

寒い季節にはホットで飲むのもありですね。体も温まるし、一石二鳥です。

 

<水以外のおすすめ割り方とその分量>

 

水以外では、牛乳・豆乳・ヨーグルトなどがおすすめです。水と違って味が付いているものなので、分量の自由度はより高くなります。

 

カルシウムやイソフラボンなど、体に嬉しい栄養素もプラスすることができますね。

 

ヨーグルトにさっと混ぜて、軽めの朝食としていただくのもいいですね。そうすることによって、めっちゃぜいたくフルーツ青汁の乳酸菌にヨーグルトの乳酸菌も加わり、腸内環境を朝からしっかり整えることができます。

 

他にも、好きなフルーツジュースで割るのも、よりおいしく飲むことができます。もともとめっちゃぜいたくフルーツ青汁はほんのりフルーツの風味がするので、フルーツジュースにはなじみやすいのです。

 

より自分の好きなフルーツの味に調整して飲むのもいいし、日ごとに違う種類で試してみたり、分量を変えてみたり、楽しみながら継続するのにもってこいです。

 

ただし、先ほども言ったように、おいしいからといって分量の多いフルーツジュース割りを一日に何回も飲んでしまうと糖分の摂りすぎになってしまうので注意しましょう。

 

<割るだけでなくもう一工夫!アレンジレシピ>

 

単品で割るだけでなく、めっちゃぜいたくフルーツ青汁には様々なアレンジを加えることが可能です。

 

公式サイトにも「ヨーグルトチーズケーキ」、「ミルクゼリー」、「チアシードソーダ」など、アレンジの見本が掲載されているのでぜひ一度見てみてください。分量や作り方が分かりやすく載っています。

 

>>めっちゃぜいたくフルーツ青汁の公式サイトはこちらぺこ めっちゃぜいたくフルーツ青汁

 

 

めっちゃぜいたくフルーツ青汁は飲み物としてだけでなく、「置き換えダイエット」として食事の代わりにすることでダイエットに大きく貢献してくれるものでもあります。

 

めっちゃぜいたくフルーツ青汁にはビタミンやミネラル、乳酸菌など、体に必要とされる栄養素がたくさん入っているので、一食と置き換えても十分な役目を果たしてくれます。

 

その際に、こうしたアレンジを加えることで満腹感をアップさせたり、味を変えてみたりすることでより継続しやすくなりますよ。普通に飲む以外にも、ぜひ挑戦してみてください。

 

<まとめ>

 

めっちゃぜいたくフルーツ青汁をおいしく飲むためには

 

・まず水100ccで飲んでみる。(寒いときはホットもおすすめ)

 

・水以外では、牛乳・豆乳・ヨーグルトなども飲みやすい。分量に気を付ければフルーツジュース割りもおいしい。

 

・公式サイトにあるアレンジレシピもおすすめ。

 

おいしく飲んで、楽しみながら継続していけるように、自分に合った分量・組み合わせをいろいろ試してみましょう!