【自己流だと危険!】めっちゃぜいたくフルーツ青汁を使った正しい断食のやり方は?

断食は自己流でやると危険なこともあります。めっちゃぜいたくフルーツ青汁を使って断食するやり方を順序立ててご紹介します。
MENU

【自己流だと危険!】めっちゃぜいたくフルーツ青汁を使った正しい断食のやり方は?

最近は断食もメジャーになってきて、「プチ断食」なんて言い方だと何となく手軽にできちゃう気もしますよね。

 

でも、備えあれば患いなし。大切な体のことですから、しっかり下調べをしてから挑戦しましょう。

 

栄養素は必要!絶食と断食の違い

断食は正しいやり方でやればダイエットとともにデトックスにもなり、体にとってよいものです。しかし、「断食=飲まず食わずで過ごす」ではありません。それはいわゆる絶食です。

 

一般人がいきなりそんなやり方をすると、体に良いどころかむしろ悪影響です。字面だけ見るとどちらも「食」を「断」つ(「絶」つ)と書くのですが、両者には明確な違いがあります。

 

食事を完全にしない絶食とは違って、断食は基本的に固形物を口にすることはありませんが、飲み物は飲んでも構いません。それは水だけではなく栄養価のあるものでもOKなのです。

 

もちろんめっちゃぜいたくフルーツ青汁もおすすめです。まずは断食の中でも比較的ゆるい「プチ断食」に挑戦するのが良いでしょう。

 

現代社会にマッチしたプチ断食

プチ断食とは、期間中は基本的に固形物を摂らないようにするものの、水分補給はOK。場合によっては、野菜スープやヨーグルトくらいまでは良しとされているものです。

 

このやり方なら現代人にも比較的少ない負担で取り組めますね。

 

プチ断食のお供には酵素ドリンクが定番ですが、めっちゃぜいたくフルーツ青汁には181種類もの酵素が入っているので、まさにプチ断食に最適と言えます。

 

一般的なプチ断食のステップ

プチ断食には一定期間(初心者は三日間がおすすめ)をいくつかのステップに分けて、そのステップを正しくたどっていくことによって、体にあまり負担をかけることなく、断食としての効果を得ることができるようになっています。

 

このやり方を最初にきちんと把握しておくことが大切です。では、そのステップを説明していきます。

 

準備期(断食を始める前日)

来る断食に備えて、普段よりも軽めの食事にしましょう。これは、食事量の急な変化で体が警戒することのないように、ワンクッションおきましょう、ということです。

 

間違っても、「明日から断食だから、今日のうちにしっかり食べておこう」なんてことのないようにしましょう。

 

断食期(1〜3日間)

いよいよ本番です。期間は体調やスケジュールに合わせて1〜3日の中から選びましょう。

 

水などで水分補給はしっかりしながら固形物は食べないようにして、栄養補給のために食事の代わりにはジュースや健康飲料を飲むようにしましょう。

 

ここで、めっちゃぜいたくフルーツ青汁を飲むのがおすすめです。めっちゃぜいたくフルーツ青汁にはビタミンやミネラルがたっぷり含まれているので、生活に必要な栄養素をカバーするのに役立ちます。

 

めっちゃぜいたくフルーツ青汁はもともと置き換えダイエットとしてもおすすめできるものなので、プチ断食の際にも心強い味方になってくれます。

 

めっちゃぜいたくフルーツ青汁は2種類の乳酸菌や181種類もの酵素も入っているので、プチ断食のデトックス作用を後押ししてくれますよ。

 

回復期(断食期を終えた次の日)

お疲れさまでした。準備期の考え方と同様に、いきなり大きな変化を与えて体をびっくりさせてはいけないので、この日の食事はおかゆなどの胃腸に優しいものを摂るようにしましょう。

 

以上がプチ断食の正しい3ステップのやり方です。基本的な考え方としては「体をいたわること」これに尽きます。

 

断食というと苦行のようですが(本物の断食は確かにそうですが)、私たちの目的は修行ではなくあくまで「健康的な体になること」のはず。ですので、あまりストイックなやり方で自分を追い詰めすぎないようにしましょう。

 

まとめ

・断食はデトックスなど体に嬉しい効果がありますが、自己流でやると危険です。正しいやり方を知り、健康な体になりましょう。

 

・正しい断食は3つのステップ(準備期→断食期→回復期)で構成されています。それぞれの期間に正しいやり方で体を慣らし、断食期を安全に乗り越えましょう。

 

基本的には「体をいたわり、健康的な体になる」ことを忘れずに。めっちゃぜいたくフルーツ青汁をお供にプチ断食にチャレンジしてみましょう。

 

>>めっちゃぜいたくフルーツ青汁の公式サイトはこちら

このページの先頭へ