【下痢になる?ならない?】めっちゃぜいたくフルーツ青汁に副作用はあるのか

せっかく健康になりたくて買っても、もし下痢などの副作用があったら安心して使えませんよね。安全面もしっかり把握して、安心して飲めるようにしていきましょう。

 

<副作用はありません>

 

めっちゃぜいたくフルーツ青汁は食品ですので、薬と違って副作用というものはありません。

 

また、材料も天然素材を100%使用しており、逆に合成添加物や保存料は使用されていないので安心です。これは公式サイトでもはっきりと書いてあります。

 

>>めっちゃぜいたくフルーツ青汁の公式サイトはこちら

 

なので、めっちゃぜいたくフルーツ青汁を飲んだ副作用で下痢になる、ということは決してありません。

 

<それでも下痢になる理由>

 

人が下痢になる場合、「体内に異常と感じられるものがたくさん入ってくる」か、「胃腸が活発になりすぎる」などの理由が考えられます。

 

では、そうしたことが起こる理由は何か。考えられる主な理由を挙げてみましょう。

 

@一度に大量に飲む

 

一度に大量に飲みすぎると、まれにおなかがゆるくなることはあるそうです。いわゆる過剰摂取によるものですね。

 

ただしこれは、めっちゃぜいたくフルーツ青汁だからということではなく、過剰摂取が良くないのはどんな食べ物や飲み物でも同じことです。

 

そういった意味ではめっちゃぜいたくフルーツ青汁が下痢になりやすい、ということではありません。

 

A冷やしすぎる

 

気温が高い日や運動後などは特に、冷やして飲むとおいしく感じますよね。しかし、冷やしすぎは内臓に負担をかけることになるので、下痢の原因になることもあります。

 

そういう人は常温で飲むか、ホットで飲むようにしましょう。

 

B食物繊維や乳酸菌が効きすぎる

 

めっちゃぜいたくフルーツ青汁には、体の調子を整えてくれる乳酸菌や食物繊維がたっぷり入っています。これは本来嬉しいことなのですが、場合によっては効きすぎることも考えられます。

 

健康になりたい!という気持ちが強すぎて一日三回も飲んだりすると、食物繊維や乳酸菌の整腸作用が働きすぎて、下痢に似た症状になることも。

 

はやる気持ちを抑えつつ、まずは一日一包から試していきましょう。

 

<その他の注意点>

 

@作り置きしないこと

 

公式サイトにも「衛生状態を良くして冷蔵庫内で保存していただければ問題ありませんが、作ったらできるだけその日のうちにお飲みください」と記載されています。

 

たまたまコップに付いていた程度の菌であれば、作り立てなら全く問題ないような量でしょう。しかし、時間の経過によって増えてしまった菌であれば話は別です。下痢を引き起こしかねません。

 

アレンジレシピとしてケーキなどにするのではなく、飲み物としてであれば、作ったらすぐ飲んでしまうようにしましょう。

 

Aまれに体に合わない人もいる

 

めっちゃぜいたくフルーツ青汁には、大麦若葉、クマザサ、明日葉、すいおう、ヨガフルーツ、といった様々な材料が含まれています。

 

他にも181種類もの酵素が含まれており、これらが体を健康にすべく働いてくれるのですが、まれに体調や体質によっては合わない人もいるみたいです。

 

その結果、下痢を引き起こしてしまうこともあり得ます。そんなときは、様子を見ながら試してみるようにしましょう。

 

ただ、副作用を起こすようなものではないので、心配しすぎないようにしましょう。ストレスは万病のもとですからね。

 

安全性などについては公式サイトにもしっかり書かれているので、気になる人は自分の目でしっかり確かめてから、安心したうえで試してみましょう。

 

>>めっちゃぜいたくフルーツ青汁の公式サイトはこちらぺこ めっちゃぜいたくフルーツ青汁

 

 

<まとめ>

 

・めっちゃぜいたくフルーツ青汁は食品なので、一般的には下痢などの副作用を起こすことはありません。

 

・しかし、飲み方によっては下痢に近い症状を引き起こすこともあるので、そうした原因になるような飲み方(一度に大量に飲む、冷やしすぎるなど)は避けましょう。

 

・他にも作り置きによる菌の繁殖や、まれに体調や体質により合わないこともあるので、それらにも注意しながら試してみましょう。

 

健康になるために試してみて、逆に体調を崩すということのないように、正しい飲み方をきちんと把握しておきましょう!